受講までの流れ

受講までの流れ

国立国会図書館遠隔研修は、インターネットを利用できる環境があれば、いつでも、どこからでも学習できます。
教材は日本語だけとなります。

対象者

各種図書館に勤務する方
※「資料保存の基本的な考え方」については、博物館・美術館、および文書館に勤務する方も受講できます。
※公開講座は、どなたでも受講できます。

受講費

無料(ただし、遠隔研修を受講するための通信費などは受講者負担です。)

開講講座受講方法

受講申込

本サイトトップページに掲載の「現在受付中の研修」で、講座内容等の詳細情報をご確認の上、「受講申込へ」をクリックしてください。受講申込み(入力)画面で必要事項を入力し、申込みを行います。

申請内容の確認

申請者が受講要件を満たしているか、申請いただいた内容に不備がないか等を国立国会図書館が確認します。

受講の案内

確認の後、受講していただける方には、ログイン情報(ユーザID、パスワード)を申請されたメールアドレスへ送付いたします。
ご受講いただけない方にも、その旨メールでご連絡いたします。
ご連絡は1週間以内にお送りします。
1週間以内に連絡がない場合は、お手数ですがお問い合わせフォームでお問い合わせください。

受講

本サイトトップページの「ログインして受講する」をクリックすると学習画面が表示されます。 お送りしたログイン情報を入力すると、受講を開始できます。

「公開講座(登録なしで受講する)」の受講方法

公開講座は、受講申し込みをせずに全ての内容を受講できます。「講座情報」で、講座内容等の詳細情報をご確認の上、「登録なしで受講する」をクリックしてください。

別ウィンドウが表示され、そのまま受講を開始できます。
詳しくは「公開講座(登録なしで受講する)」をご確認ください。

ページの先頭へ戻る