レファレンス協同データベースの利活用

講座内容詳細

講座案内
対象者 どなたでも受講できます。
ページ下部の「登録なしで受講」をクリックすると受講できます。
その他注意事項 ※平成27年10月に公開した教材です。
※この講座では、修了証書を発行しません。
※この講座の内容等についてのお問い合わせはお受けしておりませんので、ご了承ください。

内容
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築しているレファレンス協同データベースの概要とその利活用の具体的な方法を学ぶことができます。
平成27年7月24日に開催した「全国書誌データ・レファレンス協同データベース利活用研修会」における当館職員による講義「レファレンス協同データベース事業の概要、システムの機能とその活用方法」を元に作成しました。
1. レファ協事業の概要(再生時間:20分)
2. システムを使いこなす(再生時間:11分)
3. データを活かすために(再生時間:6分)
4. おわりに(再生時間:3分)

研修資料(PDF) はここからダウンロードできます。
 

* この講座には、確認テスト・最終確認テストはございません。
※「登録なしで受講」をクリックすると講座受講画面となります。

募集期間外

この講座は、受講申し込みをせずに全ての内容を受講できます。
講座を途中で中断すると、同じ位置からの再開はできませんのでご注意ください。
講座内容等の詳細をご確認の上、「登録なしで受講」をクリックしてください。
別ウィンドウが表示され、そのまま受講を開始できます。

登録なしで受講する

ページの先頭へ戻る