近現代政治史料の概要―書簡を中心に

講座内容詳細

講座案内
対象者 どなたでも受講できます。
ページ下部の「登録なしで受講」をクリックすると受講できます。
その他注意事項 ※平成26年9月に公開した教材です。
※この講座では、修了証書を発行しません。
※この講座の内容等についてのお問い合わせはお受けしておりませんので、ご了承ください。

内容
国立国会図書館憲政資料室所蔵の代表的な政治家の自筆書簡を主な題材として、書簡を中心とする近現代政治史料の解読に必要となる基礎知識の習得をめざします。
平成26年2月19日に行われた、季武嘉也氏(国立国会図書館客員調査員・創価大学教授)による図書館員向けの講義を基に作成しました。
<第1部「近代政治書簡の概要」>
1.歴史史料としての書簡
学習内容:歴史史料とは何かを説明し、書簡の特徴や機能を概説します。
再生時間:17分
 
2.なぜ近現代史の研究では書簡史料が重要なのか
学習内容:近現代の文字史料について概説し、文字史料の中でもなぜ書簡が重要な史料であるのかを解説します。
再生時間:22分
 
3.近代書簡の書式・作法
学習内容:近代の書簡の構成、文法、料紙、字体及び封筒などについて解説するとともに、大正・昭和と時代を経るにしたがってどのような変化がみられるのかを説明します。
再生時間:26分
 
<第2部「書簡解読の実践」>
4.書簡の解読
学習内容:書簡の解読の基本と方法について解説します。
再生時間:10分
 
5.実践編
学習内容:伊藤博文、山県有朋などの書簡をもとに、読み解き方を解説します。
再生時間:45分
 

* この講座には、確認テスト・最終確認テストはございません。
※「登録なしで受講」をクリックすると講座受講画面となります。

募集期間外

この講座は、受講申し込みをせずに全ての内容を受講できます。
講座を途中で中断すると、同じ位置からの再開はできませんのでご注意ください。
講座内容等の詳細をご確認の上、「登録なしで受講」をクリックしてください。
別ウィンドウが表示され、そのまま受講を開始できます。

登録なしで受講する

ページの先頭へ戻る