資料デジタル化の基礎

講座内容詳細

講座案内
対象者 どなたでも受講できます。
ページ下部の「登録なしで受講」をクリックすると受講できます。
その他注意事項 ※平成24年度から引き続き同一教材による研修です。
※この講座では、修了証書を発行しません。
※この講座の内容等についてのお問い合わせはお受けしておりませんので、ご了承ください。

内容
デジタルアーカイブ事業の進め方と、資料をデジタル化する際に必要となる、技術や権利処理について、基本的な知識の習得をめざします。
「平成23年度資料デジタル化研修(基礎編)」(平成23年9月29日~30日実施)を元に作成しました。
デジタルアーカイブ概論
学習内容:「デジタルアーカイブとは何か」について、その目的や意義、国内外で行われている取組みなどを概説します。
再生時間:82分

デジタルアーカイブの企画と事業の流れ
学習内容:デジタルアーカイブの企画からシステムの構築、稼働後の運営の流れについて解説します。
再生時間:58分

電子書籍とデジタル化
学習内容:電子書籍について、デジタルアーカイブとの関係、当館や他の図書館の取組みを紹介します。
再生時間:53分

デジタル化と権利
学習内容:著作権、クリエイティブコモンズ、二次利用などデジタル化に係る権利の概要を説明します。
再生時間:49分

デジタル化技術の基礎
学習内容:デジタル化手法、ファイルフォーマットと特性、解像度等、デジタル化関連技術の基礎知識について解説します。
再生時間:53分

* この講座には、確認テスト・最終確認テストはございません。
*「登録なしで受講」をクリックすると講座受講画面となります。

募集期間外

この講座は、受講申し込みをせずに全ての内容を受講できます。
講座を途中で中断すると、同じ位置からの再開はできませんのでご注意ください。
講座内容等の詳細をご確認の上、「登録なしで受講」をクリックしてください。
別ウィンドウが表示され、そのまま受講を開始できます。

登録なしで受講する

ページの先頭へ戻る